Information

to fan forum 第3回 fanとつながるリプランニング 開催

、株式会社budori(代表 有村正一)は、Eストアー 5F セミナールームにて『to fan forum 第3回 fanとつながるリプランニング』を開催しました。

第1部 モバイルの現状とネットショップ成功事例

はじめに、株式会社Eストアーの飯島さまより、モバイルの現状とネットショップの成功事例について、50分ほどの講演をおこないました。インターネット利用において、とくに近年の流れとしてPCからスマートフォンへの移行がおこなわれていることが挙げられます。

スマートフォンのメリットは、時と場所を選ばず、いつでも情報にアクセスできること、タッチ入力で操作がしやすいこと。その反面、文字入力がしづらいことや、画面領域が狭く、表示できる情報が限られることなどがあり、ボタンを大きく見やすくすることなど、スマートフォン向けのユーザビリティを意識することが重要であると紹介していました。

Eストアーのレンタルカートシステム「ショップサーブ」では、今後もスマートフォン向けの機能を拡充。2014年1月には、シークレットセール機能をスマートフォン向けに対応が予定されているなど、新機能も紹介していました。

20140110tofanforum01a

第2部 ユーザーをfanにするオウンドメディア戦略

つづいて、株式会社budoriの有村からの講演は、ユーザの消費動向の変化と、その変化に合わせたオウンドメディアを通じたfanづくりについて語られました。

インターネットによる個人の情報発信とともに増加傾向にあるのが「プレミアム消費」と呼ばれる消費で、これまでのような低価格重視ではなく、少し価格が高くても良いものを選ぶという消費動向があります。また、Googleの検索エンジンの機能改善においても、情報量の少ないWebページの評価が下がるなど、Webにおいても情報の量から質への転換がはかられています。

そこで、重要になってくるのが「オウンドメディア戦略」で、自社発信のメディアによる情報の質を向上すること。それによって、オンラインショップの転換率(コンバージョン)を向上し、結果的に買い手であるユーザも満足できる「三方よし(買い手よし、売り手よし、世間よし)」の仕組みを構築することが重要。そのためにもオウンドメディアのリプランニングを。さらに一歩すすめた「自社」と「他者」による情報発信で信頼を得ることが大切であると紹介しました。

20140110tofanforum02a 20140110tofanforum02b

株式会社budoriでは、今後もビジネス向けフォーラムの開催を予定しています。今後ともよろしくお願いいたします。

About

Responses


10th anniversary
このページの先頭へ