Information

初米いろはデキルマデ

Magazineコンテンツ 初米いろはデキルマデ

株式会社budoriは、米のさくら屋の「赤ちゃんがはじめて食べる離乳食には親心としてこだわりを見せたい。そのこだわりに合った商品を開発したい」の想いを受けて、ブランディングのお手伝いをいたしました。このご依頼をもとに、制作の裏側をMagazineコンテンツ『初米いろはデキルマデ』として公開しました。

ヒアリング、プレゼンテーション、メイキング、リリースの4つのステップに合わせて紹介しています。私たちbudoriは、依頼された内容を機械的にこなすのではなく、依頼主の想いを汲み取り問題を解決するための方法を模索し、ご提案します。その一端をご覧いただければと思います。

赤ちゃんがはじめて食べる離乳食には、親心として、すこしこだわりを見せたいところです。そんな気持ちに応える商品を、米のさくら屋(札幌市)がかたちにしました。現在、「初米いろは」として販売されているこの米のブランディングを私たち株式会社budoriはサポートいたしました。「赤ちゃんのためのお米、初米いろは」ブランドの企画・開発の裏側を少しだけ、ご紹介します。

Magazine

About

Responses


10th anniversary
このページの先頭へ