10th annniversary

budoriは2017年3月1日に10周年を迎えました!

budoriは2017年3月1日に10周年を迎えました!

平素は格別のご厚情を賜り、誠にありがとうございます。
おかげさまで弊社は創立十周年を迎えることができました。
今日まで、小さな奇跡の積み重ねや、ご支援いただいている皆さまとのご縁に導かれ、私たちは歩んで来られたのだと感謝の心でいっぱいです。重ねて御礼申し上げます。

思えば大阪の小さなインキュベーションオフィスからスタートしたあの頃、こんなに素晴らしいご縁をたくさんいただけるとは、思いもしませんでした。机に向かい、一人で思い悩んでも、会社の理念は浮かんできませんでしたが、会社を起こし、現場に「行って」一人ひとりにお会いすることで「課題」が見つかり、少しずつかたちになっていきました。

創業時、「フェアトレード」という言葉や思いを伝えるために立ち上げたオンラインショップは、のちにイベントの開催や絵本の出版へとつながりました。
自社での集客に不慣れなお客様との出会いは、地元に愛されるブランドづくりとWebを活用したファンづくりになりました。
同志となる仲間に恵まれ、「しごと」を通じて理想は磨かれ、起業時には見つけられなかった理念に、たどり着くことができたのだとおもいます。
そして、2017年春には、同志の思いから生まれたシニアのしごとづくりを行う新サービス「キネヅカ」をスタートさせます。

budoriは環境、社会、生活で起こる課題を「つくる・つなげる・つたえる」ことで解決をはかり、継承できる世界を創造する。

継承できる世界を創造するためのアクションとして、環境、社会、生活に必要なしごとをつくる。あるいは、そのしごとを支援する。「しごと」の大小に関わらず、お客様と共に理想を掲げ、「課題」を「愉しいしごと」に変えてゆくよう努めて参ります。

最澄は「一隅を照らせ」と言い、昭和に入り安岡正篤氏が「一燈照隅 万燈照国」と言ったように、私たちはこれからも片隅からではありますが、世の中を良くするために、「つくる・つなげる・つたえる」ことでさまざまな課題を解決するべく、活動してまいります。

代表取締役 有村正一

budori10年のあゆみ

  • 2007年 はじめは環境サポート企業を目指してスタートしました。

    大阪市南港グリーンエコプラザのインキュベーション15㎡の部屋からスタート。パナホーム様のガーデニング資材開発、コンサルティングを行いながら自社Webショップ「LohasGarden」を始める。

  • 2008年 ネットショップやイベントをつくり、つなげ、つたえる。

    WEBショップが順調に成果を上げ、大阪産業創造館主催:うりうり教習所優秀賞を受賞。2年目のエコプロダクツの出展。広報をサポートさせて頂く橋本総業様より「みらいを創る環境展」の企画運営受託を機に東京へ移転。

  • 2009年 徐々に表現できる媒体やできることが増えて行きました。

    前年に引き続き、橋本総業様より環境展示会「ecoコラボ展」の受託。合わせて同社の月刊会報誌「月刊みらい」編集受託。

  • 2010年 求められる会社もその課題も増えて行きました。

    環境緑化総合メーカー3社との顧問契約及びWeb通販を中心としたサイト制作サービスを開始。初めての取材を兼ねた社員旅行は飛騨高山へ。通販サイトに加え冊子の制作や撮影をスタッフで行う。

  • 2011年 全員で東北被災地へ、関わることで成長できた年。

    東北復興支援、東北グランマのクリスマスオーナメント、スクラム釜石にWeb制作やプロモーション、広報として参加。「ゆるゆるfacebook」「非電化の夕べ」「ひとことこっとん」などワークショップを企画し開催。

  • 2012年 社名を株式会社budoriに変更。

    事業の目的を明確にするために経営理念を制定し社名も変更。しごとをつくるワークショップ「藤村靖之とたのしごトーク」を開催。東京の木を使ったプロダクト「KINO」事業開始。同時に「KINOへや」をオープン。「非電化の夕べ」を出版。

  • 2013年 フェアトレード中心のワークショップとto fan。

    この年はフェアトレードを考えるイベント「たのしごトーク 母の日スペシャル」を実施。スタッフ全員で書き下ろした絵本「とりがおしえてくれたこと」出版。通販ソリューション展に挑戦。テーマは「通販はto fanへ」。

  • 2014年 KINOがたくさんの小売店に導入され、新しい出会いが生まれた年。

    KINOが東京都多摩産材利用開発事業に認定。宮沢賢治の童話絵本「虔十公園林」を出版。末吉陽子さんと田野聖子さんとのコラボイベントを開催。

  • 2015年 多くのご縁によって仕事に広がりができた年。

    鉄道会社や出版社などからWeb制作を受託。KINOが都内の小学校、専門学校の授業に採用。米のかるたなどブランディングのご縁が増える。

  • 2016年 全員で小笠原へ!

    新規事業検討会から生まれた事業「キネヅカ」を構築。小笠原母島海底熟成ラムMotherの取材を兼ねて全員で母島へ。北上市のふるさと納税を支援する冊子とサイトの制作。

  • 2017年 キネヅカ、スタートします。

    今年春にはキネヅカもスタート予定で、ますます邁進してまいります。これからもどうぞ宜しくお願いします!

10周年記念 手ぬぐいプレゼント!

先着20名様

これまでお世話になったお客様のイメージを図案化して、手ぬぐいに散りばめました。
今回この手ぬぐいを先着20名様にプレゼントします。

一枚一枚手で染め上げる“注染”で作った手ぬぐいです。使うほどに味わいが出てきます。 手ぬぐいの使い方はいろいろ。手拭きとして、ラッピングとして、インテリアやブックカバーなどなど、思い思いの使い方でお楽しみください!

ご応募について

[応募期間]3月1日(水)~3月31日(金)

定員に達しましたので、応募は締め切らせていただきました。たくさんのご応募ありがとうございました。

[人数]先着20名様

[応募方法]以下のいずれかでご応募ください

facebook,Instagram

facebookinstagramでお申し込みください。詳しい応募方法は各snsでお知らせします。

お問い合わせフォーム

お問合せフォームから「10周年手ぬぐい希望」と書いてお申し込みください。

budoriにお越しください

応募期間内にbudoriにお越しの方に手ぬぐいをプレゼントします(予定数なくなり次第終了)。 ご希望の方はお気軽にスタッフにお声をお掛けください。

※budoriではKINOへやの貸し出しや小規模ながらショップも併設しています(KINObudori butiko)。KINOへやの見学をご希望の方は事前にご連絡ください。ショップをご覧になりたい方はご自由にどうぞ(budoriへのアクセスはこちら)。

※KINOへやをご利用いただく方で手ぬぐいをご希望の方は、ご予約時に「10周年手ぬぐい希望」と書いてお申し込みください。(ご利用人数が多い場合は5枚まで)

10th anniversary
このページの先頭へ