2017年 謹賀新年

新年明けましておめでとうございます

旧年中は格別のご厚情を賜り、誠にありがとうございます。おかげさまでbudoriは、2017年3月で創立10周年を迎えます。ひとえに、ご支援いただいている皆さまのお陰でございます。皆さまとのご縁に導かれここまで歩んでこられたことに感謝しております。budoriは「たのしい×しごと=たのしごと」を創造しつづけることをエンジンに、これからも進んで参ります。

まず、人生100年時代に前向きなしごとを通じて「はたらき方=生き方」を支援するサービス「キネヅカ」。昨年は、たくさんの方からアドバイスをいただきました。社内で繰り返し検討会を行い、3歩進んでは2歩下がる日々。時間はかかりましたがbudoriらしいサービスをようやく開始することができそうです。社会の「課題」は、見方次第で「価値のある種」に変化させることができます。私たちのような小さきものには、国家や世界に大きな変化をもたらすようなことは難しいかもしれませんが、私は「一隅を照らす」ことをしていきたいと思っています。およそ1200年前に高僧「最澄」が残した言葉を、その後、思想家の「安岡正篤氏」が「一燈照隅 万燈照国」として、このように伝えています。「ひとつの灯火を掲げて一隅を照らす。そうした歩みを続けることで、いつか必ず共鳴する人が現れる。一灯は二灯、三灯となり、いつしか万灯となって国をほのかに照らすようになる。そのためには自分自身がまず明りにならなければいけない」と。

budoriは、片隅からではありますが、「つくる・つなげる・つたえる」ことで、さまざまな課題を解決するべく活動してまいります。本年もご指導ご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

最後になりましたが、皆さまのますますのご健勝を祈念し、新年のご挨拶とさせていただきます。

代表取締役 有村正一

budoriかるた読み札

10th anniversary
このページの先頭へ