前向きな生き方を応援したい株式会社カレアのリブランディングとWeb+パンフレットをサポート

株式会社カレア リブランディング

  

東京都大田区久が原で通所介護&地域サロンを運営されていた株式会社カレア。ある中小企業診断士の方からご紹介を受け新規事業を展開するにあたりパンフレット、Webサイトの改修を全面的に行いたいとお話しを頂きました。

  

株式会社カレア 田口善彦社長の夢は「いつまでも笑顔で暮らせる世界をつくる」ということ。

carea_01

ヒアリングの中でまず確認したことはカレアのビジョン。田口社長から見た日本の介護保険のシステムは、「既に制度疲労と構造問題が露呈し、財源と人手問題に展望が見えておらず改正の度に報酬減と事務負担が介護事業者の体力を奪っている。しかしながらその介護は新総合事業への移行が進み、公的介護保険に頼らない独自の顧客開拓とサービス開発力が求められるステージに来た。」と話されました。

株式会社カレアはその時代に「小さくても勝ち残れる、地域に馴染んだサービス開発」で、世界中のあこがれとなるような、生きがい社会の実現をしたいというもの。 このコンセプトが固まるまでにスタッフの矢口さん、佐藤さんにもなんども加わっていただき、ディスカッションを行なった中でコンセプトとなるキャッチフレーズをご提案しました。

カレアのサービスブランドmikea(ミケタ)

carea_02

元気で生涯現役の人を応援するという壮大なテーマ。しかしながら人生は無限ではなく、必ず終焉を迎えます。そこで人生の次のステージを100歳と置き、三桁の年齢になってからもますます活躍できるようなコンセプトを打ち出せたらと「miketa(ミケタ)」をご提案しました。

田口社長はじめスタッフのみなさんが望む明るく前向きな人生サポートとはどういうものだろうと、社内で何度もブレーンストーミングを繰り返した結果。この言葉が生まれました。

カレアの新しいロゴデザイン

carea_02

100を元気で越えるために必要な要素は「身体」「心」「頭」それを支えるために「個人」「家庭」「社会」の関わりが必要となってきます。それを3つの色と要素で表したものがカレアの新ロゴで表現されています。

キャラクターデザイン ピンコロ 〜ピンピンコロリをキャラクターに〜

carea_04

合わせて長期的に使うキャラクターデザインを求めらていました。使うシーンは当初、脳トレーニングアプリのキャラクターであったのですがサービスを再構築するときにとても親和性がよくわかりやすいためロゴデザインのコンセプトを引きついだピンコロ(ぴんぴんコロリ)くんをご提案しました。「身体」「心」「頭」をトレーニングするプログラムをわかりやすく案内します。

展示会でのプロモーション

carea_05

カレアさんの目指す世界は自分たちで経験したプログラムを他の事業所にも活用してもらい、より良い世界をつくること。介護サービスを紹介する展示会でパンフレットとアイキャッチになるバナースタンドを活用しPRを行いました。また名刺についても新サービスを二つ折りで情報掲載したものをお使い頂きました。

Webサイトとパンフレット

carea_06

当初、たくさんあったサービスを「ココロ」「アタマ」「カラダ」とこの3つに集約し加えてこれをコンサルティングできる会社であることが一目でわかるように整理しました。ワードプレスで構築し、日々の更新を促し、スマートフォンユーザーを想定し、レスポンシブWebデザイン対応しています。

carea_07

carea_08

見開きで株式会社カレアのサービスが一目でわかり、それぞれの親和性を感じて頂けるように構成しています。

株式会社カレアさんの「介護」「福祉」という言葉のイメージを変えることの挑戦。これを表現する仕事はbudoriとして新サービスを進めている「キネヅカ」とも親和性が高く、人生のあるべき理想の姿を何度もブレーンストーミングさせて頂きました。社会の課題をわかりやすく変換させてサービスにし、それを伝える。カレアさんを通じてこれからの長寿国日本の生き方を想像することが出来ました。

Credits

Client
株式会社カレア
介護事業運営・経営・新規事業設立支援。MCI 診断士や認知症診断セミナー、デイサービスセンターの運営。
Consulting
有村正一
Planner
田中大士
Designer
坂元沙也可
Launch Date
2017.2.09
10th anniversary
このページの先頭へ