『保険と一緒に残す手紙』という新サービスを、どう伝えるか。

保険と一緒に残す手紙。

保険と一緒に残す手紙

生命保険と一緒に“家族への想い”も残しておけるサービス。
新サービス立ち上げに際して、Webサイトおよび名刺やパンフレットなどをトータルで制作。

大切な家族に伝えておきたい“想い”を預かるサービス

保険と一緒に残す手紙

「保険と一緒に残す手紙」は保険加入者に万が一のことがあった時に、保険加入者がインターネット経由で生前預けておいた手紙(メッセージデータや思い出の写真画像など)を、残されたご家族(保険金受取人)へ届けるというサービス。 遺言状などでは一般的に相続に関する内容が主であり、気持ちやメッセージを残しておくという機会は意外と少ないもの。普段なかなか伝えられない感謝の言葉や写真を残すことができる。

保険の特有の“むずかしさ”を払拭するデザインを

保険と一緒に残す手紙

保険というと複雑でよくわからないと身構えてしまう方も多いので、Webサイトや印刷物をデザインするうえで、既定保険のイメージには捕らわれず、サービスの根本にあるコンセプトが素直に伝わるようなデザインをご提案。預けたメッセージが実際に届くのは長い時間を経てからになるかもしれない。そのため、どの年代の方がいつ見ても伝わる、紙やペンなどアナログの手紙をモチーフとした温かみのあるビジュアルにこだわった。

様々な新しい可能性を含んだ新しいサービス

保険と一緒に残す手紙

まだスタートしたばかりのサービスだが、生命保険に続き「学資保険と一緒に残す手紙」という新たな展開が動き出している。 「保険と一緒に残す手紙があるからこの保険にした」という顧客が増えるよう、今後もさまざまな部分でバックアップさせていただきたい。

Credits

Client
株式会社ドウゾ
Creative Director
納谷陽平
Still, Project Manager
秋本翼
Launch Date
2012.09.04

Comment

納谷

保険と言えば自分は「お金のこと」「難しそう」という印象が強いので、そんな自分でもこのサービスの暖かさが伝わるようにはどうしたら良いかという事から取り組みました。(納谷)

秋本

「保険」という幅広い年令の方が対象となるこのサービス。広い世代に受け入れられうようなデザイン・導線を意識しました。 アイデアマンなクライアントなので、今後の展開も楽しみです。(秋本)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
10th anniversary
このページの先頭へ