パッケージが新しくなりました!

KINOつくるキット新パッケージと、新商品2014

KINOつくるキット新パッケージと、新商品2014KINOつくるキット新パッケージと、新商品2014

KINOつくるキットのパッケージリニューアル。香りを閉じ込める”珈琲豆の袋”をイメージしたパッケージは、紙の袋を使用しているため陳列時に倒れやすく、保管の際によれてしまうという問題あったため、今までのパッケージのイメージを守りつつ、仕様の改良を行いました。

KINOの想いをつたえる仕掛け

KINOつくるキット新パッケージと、新商品2014

背面の切り込みを破るようにしてパッケージを開けると、はじめにみえる「木と、わたしたちの くらしの話。」東京のやまとくらしの歴史と、今の現状を伝える読み物を台紙に印刷しています。

今までのイメージそのままに

KINOつくるキット新パッケージと、新商品2014

旧パッケージのイメージはそのまま残すことにしました。つくるキットは贈りものとして購入していただくことが多いので、今までより少しだけ高級感がでるように厚めのクラフト紙を使用しました。沢山の紙の中から、木と同色にならない色のクラフト紙を選びました。

バイヤーさんの声から生まれた、新パッケージ

KINOつくるキット新パッケージと、新商品2014

中に木材が入っているつくるキットは、自然のものだからこそ、一つ一つ少しづつ重さが違います。そのため、店舗での陳列時に「倒れやすい」「自立しない」という問題がありました。新パッケージには、小さな”脚”をつけることで、倒れにくく、自立するよう設計しました。

KINOつくるキット

カスタネット

KINOつくるキット新パッケージと、新商品2014

木のかたちをしたハンディータイプのカスタネットは、ちいさなお子さまにも、愉しんで木に触れてもらいたいという想いでつくったプロダクトです。檜でできているので香りもよく、振ったり鳴らしたりすると檜の香りがします。

KINOつくるカスタネット

カホン

KINOつくるキット新パッケージと、新商品2014

手づくりカホンを子供たちと一緒につくる活動をしている手づくりカホンプロジェクト実行委員会のみなさんといっしょにつくったカホンです。子どもでも叩けるように、卓上型にしました。「さんかくのカホン」が杉で、「しかくいカホン」が檜です。

KINOカホン

たないす

KINOつくるキット新パッケージと、新商品2014

材料には、小径で建材として 利用できない木を剥ぎ合わせて利用し、無駄の無い木材の活用をしています。「KINO たないす」を4つ製作するにあたり、 直径200mm× 長さ3000mm の丸太を1本使用します。椅子としてはもちろん、積み重ねて棚としても使用可能な多目的な家具です。

KINOたないす

虔十公園林

KINOつくるキット新パッケージと、新商品2014

宮沢賢治が亡くなった翌年(1934)に発表された短編童話「虔十公園林」の絵本と、朗読CD、全部集めると小さな紙芝居ができるポスターをつくりました。人と森との繋がりを読んで感じていただきたい思いからできた商品です。

KINOえほん

Credits

Planner/Product design
有村正一,松本彩
Designer
坂元沙也可,國田恵里
Edit
田中大士
Still
秋本翼
Director
納谷陽平
Launch Date
2014.07
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
10th anniversary
このページの先頭へ