日々の暮らしをちょっと豊かに。

MARKUS(マルクス) 店舗サイト

MARKUSの店舗サイト

永く親しまれるようなお店を目指し、東京・吉祥寺にお店を開店した「マルクス」のWebサイトを制作しました。日々の暮らしをちょっとだけ豊かにするニッポンの生活の道具を紹介するお店です。
店主さんの大事にしている『日本の商品だけをお取り扱いしているこだわり』や『ロゴの由来』などから、日本的なものを感じるデザインにしたいと思いました。そこで商品を邪魔しない程度に背景に和紙の質感を出したり、縦書きのレイアウトにするなど、和を感じる工夫をしました。
お店では自社ブランドの「KINO」もお取り扱いして頂いております。

stillこだわりの商品を伝えるために、一点一点を自社で撮影。

MARKUSでお取り扱い商品 MARKUSでお取り扱い商品

店主が選んだ日本各地のいいもんのご紹介する、おすすめ商品のページ。お店の雰囲気を伝えるためにも、商品全てを店内で撮影しました。

logo「ながく親しまれるように」という思いをかたちに。

MARKUSのロゴ

日本に古くからある老舗の多くは、屋号や商標やマークがあります。このお店にも『ながく親しまれるように』という店主さんの思いを込めて、店主さんの名字から1文字をとったシンプルなロゴとロゴマーク制作のお手伝いをしました。

Credits

Client
MARKUS
director
納谷陽平
Planner, Still
秋本翼
designer
加藤華織
Launch Date
2013.06.09

Comment

納谷

店主さんセレクトが個人的にすごくツボです。店舗も素敵なので普通に客として通います!ブログ「日々のモノ・コト」も更新を楽しみにしています。(納谷)

秋本

普段から親しみのある街”吉祥寺”に店舗をオープンされるということで、
わくわくしてサイト制作に臨めました。
温かみのあるサイトと同様、店主さんも人懐こくて温かい方です。
ぜひ皆さん、遊びにいってみてください。(秋本)

加藤

Webサイトとロゴのデザインを担当しました。
ニッポンの商品だけをセレクトしたお店なので、こだわりと和を感じるようなデザインを心がけました!「マルクス」でお取り扱い商品は、グッとくる素敵なモノばかり!吉祥寺に足を運ばれた際にはいい感じの店主さんがいる「マルクス」に是非ご来店ください!(加藤)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
10th anniversary
このページの先頭へ