初米いろは

Branding
課題
北海道のゆめぴりか専門店、米のさくら屋が企画・販売するギフトセットのパッケージ、Webサイトなどの総合ブランディングのご依頼。「赤ちゃんが生まれて初めて食べるお米は、ぜひ安全と安心の北海道産ゆめぴりかを選んでもらいたい。」の要望をもとに商品開発しました。
提案
商品パッケージのみならず、商品の総合ブランディングを担当。「赤ちゃんが初めて口にするお米」というコンセプトから、『初米(ういまい)いろは』のネーミングをご提案。「いろは」は、赤ちゃんにとって、このお米が「ごはんのいろは」になるようにとの想いが込めました。ネーミング、パッケージ、Webサイト、そして商品に同梱する完全オリジナルの食育かるたの企画・制作も含めたプロジェクトになりました。

works_detail_b01

works_detail_b06

外箱は田んぼをイメージしたデザインに。色づいた田んぼをイメージした黄金色と暖かな質感のある雲龍和紙仕上げで、「もらって嬉しい」をかたちを表現しました。

works_detail_b02

works_detail_b03

works_detail_b04

「いろは」から発展させて、ギフトセットには「かるた」を同梱。「米屋がつくったおこめのかるた」として、オリジナルの48種類の読み札と絵札を制作。ご両親や、おじいちゃん、おばあちゃん、お友達がかるたで遊びながら「和食」のことを考えるきっかけとなり、「次の世代に「食育」をつなげる架け橋となるように」との想いを込めました。

works_detail_b05

works_detail_b06

Other Works

Contact